室内環境

やさしく包む室内環境。

お客様1組1組、住みたい間取りはさまざま、見つけた土地の形状もさまざま、日当たりの良さ・風の流れもさまざまです。それでも家をプロデュースする立場として貫きたい共通の要素、それは快適で省エネルギーな家、すなわち住む人と地球にやさしい家。低燃費住宅の家づくりは断熱材やサッシなどにこだわり、庇や開口部の配置やサイズなどにもこだわって設計・計画します。それは工夫次第で家の性能・快適性能を大きく変化させることができるからです。光や風など自然の恵みを最大限に活用し、やさしい光・やさしい風に囲まれる住まいをご提供いたします。

光の設計

ただ部屋を明るくするための窓の配置設計ではなく、光の取り入れ方を工夫することで、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を作ることができます。また我慢して光熱費を節約するのではなく、ごく普通に生活していても夏、冬の光熱費を大きく節約することが可能です。
元々、日本の家には深い庇がありました。すだれやよしずがありました。庭には落葉樹が植わり、木々がありました。先人には、自然の力をうまく利用する知恵がありました。深い庇には、夏は暑い日差しが室内へ侵入するのを防ぎ、冬は太陽からの光を取り込み、室内を暖めます。すだれやよしずは、東西からの強い日差しを外部で遮り、室内の温度上昇を抑制します。ちょっとした工夫ですが、快適な室内空間をつくるためには大きな効果となります。

風の設計

”窓がたくさんあれば、風が抜ける”・・・確かに窓が多いと風が吹いた時、たくさんの風が取り込めるかもしれません。では、外部が無風の時はどうでしょう?風を取り込むことをあきらめていませんか?計画的に窓を配置することにより、外部が無風の時でも室内に風を取り込み、快適空間を計画することは可能です。開口部を一方は床近くに設け、一方は天井近くに設けます。すると、暖まった室内の空気は、自然と低い窓から高い窓へ向かって流れ始めます。
これを”重力換気(温度差換気)”と呼びます。室内を吹き抜けるやさしい風の流れを設計します。
同じエリアでも地域・地形により年間を通して流れる風の向きは違います。低燃費住宅では、それら地域・地形によって違う風の流れを読み解き、効率よく効果的な窓の配置設計を行います。

湿度が曲者??

Return Top