ナイチンゲールの覚え書

白衣の天使ナイチンゲールの「看護覚え書」を紹介します。
ナイチンゲールは、看護を考えるとき、真っ先に「空気の問題」を取りあげ、換気の重要性やその原理、原則を述べていて、換気に適した構造、窓の開閉、外気を取り入れること。患者を暑がらせたり、寒がらせないように適温を保ち、患者さんの自己治癒力を高めることが大切であるとこの本で説いています。

「良い看護が行われているかどうかを判定するための規準としてまず第一に挙げられること、看護者が細心の注意を払って集中すべき最初にして最後のこと、何をさしおいても患者にとって必要不可欠なこと、それを満たさなかったら、あなたが患者のためにすることのすべてが無に帰するほどたいせつなこと、反対に、それを満たしさえすれば他はすべて放っておいてよいとさえ私は言いたいこと、それは患者が呼吸する空気を、患者の体を冷やすことなく、屋外の空気と同じ清浄さに保つことなのである。」

快適で健康な室内環境を保つことの重要さがわかりますね。

Related post

Return Top