設計基準強度30N/mm²

設計基準強度30N/mm²の基礎仕様にも対応

日本の住宅寿命が短い原因の1つに基礎の構造があります。
一般的な住宅の基礎は、30年で寿命となるような耐久設計基礎強度(18N/mm²程度)設計及び施工がなされています。
低燃費住宅東金では、100年の耐久性能を持たせるために、基礎設計基礎強度30N/mm²、水セメント比50%未満の長期耐久用のコンクリートにも対応しています。

 

 

 

 

 

 

Related post

Return Top