ヒートショックを防ぐこと

”ヒートショック”ってご存知ですか?
最近耳にする機会も増えているかと思います。

ヒートショックとは、急激な温度変化が原因で血圧が乱高下して引き起こされる、失神・心筋梗塞・脳梗塞などに陥る状態のこと。
家の中で温度差が激しいお風呂に入る時などに血圧が低下するため注意が必要です。
湯船に浸かった状態で失神や心筋梗塞になるとそのまま溺れてしまい大変危険です。
また、高齢者の方が就寝後に夜間トイレに行った時は、
30度以上の暖かい布団の中から北側の10度以下のトイレに行く場合も20度近い温度差に身体を曝すことになり、心筋梗塞や脳梗塞
リスクになります。

もしトイレでも脱衣所でも家中の温度を一定に保たれれば、
心臓・血管・脳にかかる負担は大きく減らせるはず。

そのために低燃費住宅では住宅を高気密、高断熱化して「温度のバリアフリー」を実現することは住む人の健康や命を守る上でとても重要と考えています。

Related post

Return Top