地鎮祭

地鎮祭って??

 

・・・地鎮祭は、土地を購入して、着工する前に行う儀式となります。
家を建てるための土地を購入したとき、その土地に住む神様を祝い鎮め、
土地を利用させてもらう許可を得て、

これからの工事の安全と家の繁栄を祈願する儀式です。

 

 

♦♦♦♦ 一般的な準備 ♦♦♦♦

敷地の四方に青竹を立て、縄を張ります。
必要に応じて紅白幕やテントを張ります。
忌み砂又は盛り砂を盛ります。
祭壇を組んだり、お供え物を並べます。

♦♦♦♦ 式の流れ ♦♦♦♦

開式の辞から始まり、修跋の儀(お祓いをして参列者やお供え物を清めます。)、
降神の儀(神様をお迎えします。神主が「オオオ~」と言います。、)献饌 (お酒と水の器の蓋を取り、神様にお供え物を差し上げます。)、祝詞奏上(神様に奉告、工事の安全・家の繁栄の祈願をします。)、清祓い(四隅と中央に切麻をまき土地を清めます。)と儀式が進みます。
そして、 地鎮の儀(設計者が鎌で忌み砂の草を刈る)、穿初めの儀(施主が鍬で砂を起こす)、土均し(施工者が鋤で砂を均す)、鎮物埋納の儀(鎮め物を納める)を行います。
玉串奉奠(神様に玉串を奉り拝礼、祈願)をして、 お酒と水の器の蓋をして、神様へのお供え物をお下げします。(撤饌)

昇神の儀(神様にお帰りいただきます。神主が「オオオ~」)を行い、閉式の辞地鎮祭の終了を告げ(閉式の辞)
神様にお供えした神酒等の御下がりを食します。

 

儀式には決まりごとがたくさんありますが、神主がその都度教えてくれますので大丈夫です。

地鎮祭が終わるといよいよ着工となります!!

Return Top